「未分類」カテゴリーアーカイブ

アクセサリー制作~羊毛フェルト~

私は、羊毛フェルトでさまざまな人形を作っています。
その中でも、特に力を入れているのが、人型の人形です。

まずは顔や手足などの土台をしっかりと作ります。
しっかりと作ることで、洋服などの色つけがしやすくなります。
次に、顔を作ります。
この時、目や眉、鼻や口のパーツをつける部分をニードルで彫っていきます。
そうするとよりパーツがはっきりわかります。
彫りができたら、いよいよ顔のパーツと髪の毛をしっかりとつけていきます。
これで顔の完成です。

次に体を作ります。
この工程は、全体のバランスをよく見て作らないと、人形の形が崩れてしまいます。
まずは、洋服となる色を体のパーツにつけていきます。
次に、手足をバランスよくつけていきます。
そして、最後に頭をつなげるために首を作っていきます。
この時、すべてのパーツをしっかりとくっつけていきましょう。
最後に、完成した頭をつなげたら完成です。

ワンポイントとして、小さな洋服を作って着せてみるのも楽しいかもしれません。
少し難しいですが、完成した人形を見ると感動します。
羊毛フェルトが楽しい!という方はぜひ一度作ってみてください。

ビーズのアクセサリー作りにハマりました

子供が大きくなって手がかからなくなったので、自分の趣味としてビーズアクセサリー作りを始めるようになりました。もともと手先があまり器用ではないので、こういったアクセサリー作りは自分には合っていないと思っていたのですが、たまたま友人の一人がビーズアクセサリーづくりをやっていて彼女に基本の手ほどきを受けてみたのです。そうしたら本当に楽しくてあっという間にハマってしまいました。

ビーズアクセは、まずビーズ選びから始めるのですが、これが本当に楽しいのです。色とりどりのビーズ、大きさ、素材など無限大の組み合わせができ、世界に一つだけのオリジナルアクセサリーが作れるのでストレス発散にもぴったりなのです。とにかくビーズを使ったアクセサリーはテグスにビーズをシンプルに通していくだけなので誰にでも簡単に始められます。ですが、大切なのはまず自分で色のコーディネーションを紙に書いてきちんとデザインをすることです。

デザインが出来上がれば、それに沿ってビーズにテグスを通して形作っていくだけなので、何パターンかのネックレスチャームや指輪などを覚えれば、あとはどんどんオリジナル作品が増えていきます。

思い出の浜辺をテーマにアクセサリー作製

釣りが趣味の私は、砂浜に行く事が多く、砂浜をのんびり歩いていると、砂浜はとても綺麗なんです。何故かというと、波で削られた丸いカラフルな石や、貝殻がちりばめられて落ちているのです。砂浜とゆう薄い茶色のスクリーンに散りばめられた、まるで宝石箱みたいでした。雨上がりの砂浜に特にキラキラ光るもの、それがシーガラスと呼ばれるものです。ガラスビンなどが、割れ、波に打たれて丸くなり、すりガラスのような淡い色の独特のものになるのです。海の宝石「シーガラス」です。これを持ちかえり、綺麗に洗って乾かし、アクセサリー作製しました。シーガラスは、天然に出来るものなので、1つ1つ形が異なります。オリジナルのネックレスがとてもオススメです。シーガラスに穴を開ける方法もありますが、シーガラスをよりアクセサリーぽく仕上げるのに必要なのは、ワイヤーです。シーガラスはワイヤーととても相性がいいのです。石包みの方法でシーガラスをワイヤーで包み、ワイヤーの先をクルクルと曲げて、ネックレスのモチーフの出来上がりです。ヤットコとワイヤーとシーガラスのみで作製出来る手軽さと、思い出になる世界に1つのオリジナルネックレスの出来上がりです。